MT4おすすめFX会社・証券会社を徹底比較!メリット・デメリット、はじめ方まで解説【2024年最新】

mt4_サムネ
  • URLをコピーしました!

MT4(メタトレーダー4)は、世界中のトレーダーが利用しているFXの取引ツールです。高いカスタマイズ性能や、本格的なテクニカル分析、自動売買が行えることから、利用を検討しているトレーダーも多いかと思います。

そこで本記事では、MT4を利用するメリット・デメリットや、MT4を提供しているおすすめFX会社・証券会社を紹介します。FX会社・証券会社の裁定取引単位や取扱通貨ペア数、スプレッドなど多くの項目から徹底比較します。MT4を利用したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • 【徹底比較】MT4を利用できるおすすめのFX会社・証券会社
  • MT4でできることは?メリット・デメリットも紹介
  • MT4の利用までの手順
1万円からFXをスタートできる!
アヴァトレード・ジャパン【MT5】
MT4利用するなら「アヴァトレード・ジャパン」
目次

MT4に対応しているおすすめFX会社・証券会社 | 比較表

MT4を提供している証券会社やFX会社・証券会社は、国内ではあまり多くありません。大手金融機関となるとさらに限られてくるため、それぞれサービス内容やコストなどを比較して利用先を選定することが大切です。

ここからは、MT4が使えるFX会社・証券会社を7社紹介します。以下が比較表です。
最低取引単位や取扱通貨ペア数、スプレッド、MT4対応端末などの項目をそれぞれ比較し、自分に合ったMT4が使えるFX会社・証券会社を見つけてみてください。

スクロールできます
アヴァトレード
・ジャパン
JFXOANDA証券FXTF外為ファイネスト楽天証券FOREX.com
アヴァトレード_ジャパン_ロゴJFX_ロゴOANDA証券_ロゴFXTF_ロゴ外為ファイネスト_ロゴ楽天証券_ロゴFOREX.com_ロゴ
解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら
最低取引単位1,000通貨1,000通貨1~1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
取扱通貨ペア数55通貨ペア41通貨ペア  68通貨ペア
(NYサーバー)
40通貨ペア
(東京サーバー)
29通貨ペア29通貨ペア
(MT4・ZERO)  
28通貨ペア84通貨ペア
スプレッド
(米ドル/円)
変動制0.2銭~1.2銭0.3銭
(MT4・裁量プラン)
0.3~0.9銭
(MT4・スタンダードプラン)
0.2銭
(原則固定
)
変動制0.5銭
(楽天MT4口座)
変動制
取引ツールMT4

MT5

AMMA

アヴァDupliTrade

AvaTradeGO

AvaWebTrader
MT4

新Java版取引ツール(PC)

スマホ版取引ツール

.NET版/Mac版取引ツール
MT4

MT5

fx Trade

TradingView
MT4

FXTF GX
(スマホアプリ
/パソコンブラウザ版)
MT4

MT5
MT4

iSPEED FX
(スマホアプリ)

楽天FX-WEB
(ウェブブラウザ)

マーケットスピードFX(PC向けツール)
MT4

スマホアプリ

ウェブ版取引ツール
MT4
対応端末
Windows版
Android版

iOS版
Web版
Windows版Windows版
Android版

iOS版
Web版
Windows版
Android版
iOS版
Web版
Windows版
Android版

iOS版
Windows版
Android版
iOS版
Web版
Android版
iOS版
Web版
Mac対応×××
最大レバレッジ25倍25倍25倍25倍25倍25倍25倍
デモ口座
(MT4以外)
サポート平日
10:00〜18:00
平日
8:00〜20:00
平日
8:00〜18:00
平日(祝日も含む) 8:00~22:00
(土日・年末年始を除く)
平日
9:00〜18:00
平日
9:00〜18:00
平日9:00〜17:00祝日9:00~13:00
  無料口座開設
はこちら
 無料口座開設
はこちら
無料口座開設
はこちら
 無料口座開設
はこちら
  
2023年11月14日現在

MT4に対応しているおすすめFX会社・証券会社 | 7選

それではFX会社・証券会社ごとに詳細に解説していきます。

アヴァトレード・ジャパン |
熟練度に合わせて、3つのコースから選べる

アヴァトレード・ジャパン_バナー
運営会社アヴァトレード・ジャパン
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数55通貨ペア
スプレッド(USD/JPY)変動制
取引ツールMT4

MT5

AMMA

アヴァDupliTrade

AvaTradeGO

AvaWebTrader
MT4対応端末Windows版
Android版
iOS版
Web版
Mac対応×
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日10:00〜18:00
(※データは2023年11月14日現在)

アヴァトレード・ジャパンのおすすめポイント

  • 熟練度に合わせて、3つのコースから選べる
  • 取引ツールが非常に充実

アヴァトレード・ジャパンは、グローバルに展開し世界18万以上の口座を保有するアヴァトレード・グループの日本支社です。

アヴァトレード・ジャパンのおすすめポイントとして、一つに初心者からプロまで扱うことができるサービスを用意していることが挙げられます。アヴァトレード・ジャパンは投資家のニーズに合わせて、プレミアムコース・プロフェッショナルコース・エキスパートコースの3つのコースを用意しており、上級者向けのエクスパートコースであれば、MT4を使った自動売買が可能です。
このようにアヴァトレード・ジャパンは、幅広いニーズに対応しているため、多くの投資家の方におすすめできますし、投資家の方も同じFX会社で長く取引を続けることができるメリットもあります。

アヴァトレード・ジャパンのおすすめポイント二つ目として、取引ツールの充実度が挙げられます。MT4やMT5に加えて、アヴァトレード・ジャパンの自動売買システムであるAMMAなどアヴァトレード独自のツールも使用することが可能です。
AMMAとはSP(売買シグナル提供者)や取引数量を自由に設定し、MT4やMT5での自動売買ができる国内唯一のシステムです。SPも厳格な選定基準で選ばれた、優秀なもののみで初心者の方で無理なく自動売買を始めることができます。

JFX | スキャルピングに最適な環境

JFX_バナー
運営会社JFX株式会社
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数41通貨ペア
スプレッド(USD/JPY)0.2銭~1.2銭
取引ツールMT4

新Java版取引ツール(PC)

スマホ版取引ツール

.NET版/Mac版取引ツール
MT4対応端末Windows版
Mac対応×
最大レバレッジ25倍
デモ口座〇(MT4以外)
サポート平日8:00〜20:00
(※データは2023年11月14日現在)

JFXのおすすめポイント

  • スキャルピングが公認されている!
  • JFXの独自情報が盛りだくさん
  • 毎月のキャンペーンが豊富
JFX株式会社

JFXは、ヒロセ通商グループが運営するFX会社で、スキャルピングが公認されており、スキャルピングに適した環境が整っています。スキャルピングとは数秒などの短い時間の間で売買を繰り返し、利益を上げるFXのトレード手法です。

JFXの特徴は以下のようなものがあります。

  • スキャルピングが公認されている
  • 約定スピードが最速0.001秒
  • ワンクリック注文などスキャルピングに必要な注文方法がすべて可能
  • 取引量がキャンペーン対象となる
  • MT4チャートを使用できる
  • ロイター経済指標速報がほぼリアルタイムで届く
  • 複数のデバイスでのログインが可能

FX会社や証券会社によってはスキャルピングが認められていない中で、  JFXはスキャルピングに非常に適した環境となっています。

また、JFXは独自コンテンツや独自情報が豊富です。JFX社長で、投資家としても名高い小林社長が会員限定で、毎日様々なマーケット情報を伝えてくれます。例えば、以下のようなコンテンツがあります。

  • マーケット速報
    • リアルタイムで小林社長が相場の情報を逐一解説
  • モーニング&イブニングショット(音声配信)
    • 朝と夕方に小林社長がコメントだけでは伝わりきらない相場の情報を音声で発信
  • 芳彦の部屋
    • 相場界における著名なゲストと小林社長の対談番組

そして、JFXは毎月のキャンペーンが豊富です。2023年10月1日現在、以下のキャンペーンが実施されています。

  • 新規口座開設キャンペーン
  • 取引高キャッシュバックキャンペーン
  • 食品プレゼントキャンペーン
  • あられプレゼントキャンペーン

スキャルピングを行いたい方やキャンペーン内容の詳細が気になった方はぜひJFXの公式ページを確認してみてください。ただし、JFXのMT4は分析用で、直接取引できない点にはご留意ください。

キャンペーン実施中!

\新規口座開設+取引で最大101,000円キャッシュバック

OANDA証券 | 取引ツール・デバイスが充実

OANDA証券_バナー
運営会社 OANDA証券
最低取引単位1~1,000通貨
取扱通貨ペア数68通貨ペア
(NYサーバー)
40通貨ペア
(東京サーバー)
スプレッド(USD/JPY)0.3銭
(MT4・裁量プラン)
0.3~0.9銭
(MT4・スタンダードプラン)
取引ツールMT4

MT5

fx Trade

TradingView
MT4対応端末Windows版
Android版
iOS版
Web版
Mac対応
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日8:00〜18:00
(※データは2023年11月14日現在)

OANDA証券のおすすめポイント

  • 2つのサーバーから選択できる
  • 取扱通貨ペア数が豊富
  • 取引ツール・デバイスが充実
  • 注文に関する情報などを公開し、公正・公平な取引環境を提供

OANDA証券では「東京サーバー」と「NYサーバー」の2つからサーバーを選択できます。「東京サーバー」は約定のスピードが速いことや、ドル円などのスプレッドが狭いといった特徴があり、「NYサーバー」は1通貨からの取引が可能で、TradingViewやMT4、APIなど多彩な取引方法に対応できます。またどちらもMT4を利用することができます。

さらにOANDA証券では、取扱通貨ペア数も68通貨ペア(NYサーバー)と豊富で他社では扱っていないようなマイナーな通貨ペアも存在します。

そしてOANDA証券は取引ツールも充実しています。MT4以外にもMT4の後継であるMT5、MT4と人気を二分するTradingView、そして独自の取引ツールであるfx Tradeといった充実した取引ツールを提供しています。そしてそれぞれの取引ツールについて様々なデバイスで使用可能です。MT4であれば、PC版、モバイル版、タブレット版、Web版とどのデバイスでも使用することが可能です。

4つ目の特徴として、約定スピードやスリッページ発生状況といった情報を毎週開示することで、公正・公平な取引環境を提供しています。約定スピードが損益に大きく影響する中で、情報開示は取引者側にとって非常に安心して取引ができる材料ですね。

キャンペーン実施中!

\DZHトレダーズウェブFX有料プレミアムサービス会員1ヶ月分をプレゼント/

FXTF | スプレッドがFX業界最狭水準

FXTF_バナー
運営会社FXTF
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数29通貨ペア  
スプレッド(USD/JPY)0.2銭(原則固定)
取引ツールMT4

FXTF GX(スマホアプリ/パソコンブラウザ版)
MT4対応端末Windows版
Android版
iOS版
Web版
Mac対応
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日(祝日も含む) 8:00~22:00
(土日・年末年始を除く)
(※データは2023年11月14日現在)

FXTFのおすすめポイント

  • スプレッドが狭い
  • MT4のデモ口座が利用できる
  • 会員限定のチャート分析や独自コンテンツを入手できる
  • オリジナルインディケータを利用可能!

FXTFは、スプレッドコストの低さに力を入れていることが特徴のFX会社です。米ドル/円のスプレッドは原則固定の0.1銭で、日本のFX業界で最狭水準を提供し続けています。

通貨ペアスプレッド
米ドル/円0.1銭
ユーロ/米ドル0.2 p
豪ドル/円0.4銭
ユーロ/円0.3銭
ポンド/円0.6銭
(※データは2023年9月21日現在)

スプレッドがやや広くなりがちのMT4口座の中では驚異的な水準です。

また、FXTFではMT4のデモ口座も利用できます。初めてMT4を利用する人は、使い方に不安を感じている人も多いと思います。FXTFのデモ口座では本番環境に近い形でツールが利用できますので、ぜひ操作方法や使い勝手などを確認してみましょう。

さらに、FXTFは会員限定にチャート分析や独自のコンテンツを提供しています。チャートの形状から未来の値動きを予測する「未来チャート」や、売買シグナルで売買のタイミングを教えてくれる「シグナルパネル」などによって、投資をバックアップしてくれます。

また、投資の初心者から上級者までを対象に、有名トレーダーが様々な講座を開いています。

そして、FXTFのMT4限定の、オリジナルのインディケータが35種類以上利用可能です。FXTFなら、有名トレーダーのチャートも無料で使うことができます。

外為ファイネスト | 最短即日口座開設可能

外為ファイネスト_バナー
運営会社外為ファイネスト
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数29通貨ペア(MT4・ZERO)  
スプレッド(USD/JPY)変動制
取引ツールMT4

MT5
MT4対応端末Windows版
Android版
iOS版
Mac対応×
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日9:00〜18:00
(※データは2023年11月14日現在)

外為ファイネストのおすすめポイント

  • MT4にEAの利用制限がない
  • 1回あたりの最大発注数量が1000万通貨
  • 最短即日口座開設可能

外為ファイネストは日本の金融庁の認可を受けている外資系FX会社で、香港に本部を置くハンテックホールディングスのグループ会社です。ハンテックグループはロンドンやシドニー、ドバイなどにも展開しています。

外為ファイネストの提供するMT4・ZEROはEA(自動売買取引のプログラム)に利用制限がなく、指値制限もないため、FXの自動売買に適しているといえます。

また、外為ファイネストは1回あたりの最大発注数量が1,000万通貨と大規模な発注が可能です。1回あたりの最大発注数量が100万通貨~500万通貨のFX会社もある中で、外為ファイネストは大口取引やスキャルピングを行うトレーダーにとって魅力的です。

そして、外為ファイネストは口座開設アプリを利用すれば口座開設をネットで完結させることが可能です。転送不要の簡易書留の受け取りが不要で、最短で当日から取引を開始できます。取引チャンスを逃したくない方には、外為ファイネストをおすすめします。

楽天証券 | 大手ネット証券会社で唯一MT4を利用できる

楽天証券_バナー
運営会社楽天証券
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数28通貨ペア  
スプレッド(USD/JPY)0.5銭(楽天MT4口座)
取引ツールMT4

iSPEED FX(スマホアプリ)

楽天FX-WEB(ウェブブラウザ)

マーケットスピードFX(PC向けツール)
MT4対応端末Windows版
Android版
iOS版
Web版
Mac対応
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日9:00〜18:00
(※データは2023年11月14日現在)

楽天証券のおすすめポイント

  • 大手ネット証券で唯一MT4が利用できる
  • 株式や投資信託とまとめて管理できる
  • FXキャッシュバックキャンペーン開催中

大手ネット証券の中でMT4を提供しているのは、楽天証券のみです。大手ネット証券会社という利用時の安心感や、既に楽天経済圏の他サービスを利用されている方は楽天証券でMT4も利用できるのはメリットが大きいといえます。

ご存じの通り、楽天証券はFXだけでなく株式や投資信託、債券など多くの金融商品を取り扱っています。これらの金融資産をワンストップで管理できるため、運用時の手間がかからないのもメリットのひとつです。

ただし、楽天証券でMT4を使用する場合は、MT4の専用口座を楽天FX口座とは別に新たに開設する必要があります。また、MT4口座のスプレッドは、FX口座よりもスプレッドが高い傾向にあります。

そして楽天証券は2023/10/1現在、FXキャッシュバックキャンペーンを開催中であり、楽天FX、楽天MT4にてキャンペーンの対象通貨ペアを取引した方を対象に、1万通貨毎に最大5円キャッシュバックするキャンペーンを開催中です。

FOREX.com| 取扱通貨ペアが驚異の84

FOREX.com_バナー
運営会社FOREX.com
最低取引単位1,000通貨
取扱通貨ペア数84通貨ペア 
スプレッド(USD/JPY)変動制
取引ツールMT4

スマホアプリ

ウェブ版取引ツール
MT4対応端末Android版
iOS版
Web版
Mac対応
最大レバレッジ25倍
デモ口座
サポート平日9:00〜17:00
祝日9:00~13:00
(※データは2023年11月14日現在)

FOREX.comのおすすめポイント

  • 親会社の「StoneXグループ」はNASDAQに上場している
  • MT4のデモ口座が利用できる
  • 取扱通貨ペア数が多い
  • MT4のビデオガイドが充実

FOREX.comはNASDAQに上場するStoneXグループによって運営されるFX会社です。

FOREX.comは、約定率が99.99%と非常に高いことが特徴となっています。約定率が高いFX会社ではスリッページが起こりにくく、投資家にとって不利な状況で約定するリスクが低いメリットがあります。

また、FOREX.comは通貨ペアが多いことも特徴です。取扱通貨ペアは84にものぼり、クロス円以外の通貨ペアも豊富に取り揃えられています。

そしてFOREX.comを利用する魅力の一つとして、MT4のビデオガイドが充実していることが挙げられます。この記事を読んでいる方の中にはMT4を使いたいけど、使い方がイマイチわからないという人も多いと思います。FOREX.comであれば、動画を見ながら基礎からMT4の使い方を学ぶことができます。またMT4スマホ版、MT4デスクトップ版どちらの解説動画もあるのは初心者にとってうれしいですね。

「メジャー通貨以外にもチャレンジしたい」、「保有している外貨を活用してFXに取り組みたい」、「MT4の使い方から学びたい」という場合は、FOREX.comの利用を検討してみましょう。

MT4とは

MT4とは、世界で数百万人のトレーダーが利用しているFXの取引ツールです。ロシアの「メタクオーツ・ソフトウエア」という会社が開発したもので、主に次のような特徴があります。

  • EAを使って自動売買が行える
  • 豊富なチャート機能で本格的なテクニカル分析が行える
  • 過去の取引履歴を管理できる

MT4には多彩なチャート機能が搭載されており、無料で利用することが可能です。EAを使えば自動売買もできるため、「手間をかけずにFXに取り組みたい」という人にも向いています。

また、MT4では過去の取引履歴をダウンロードして確認できるため、これまでの注文の詳細や損益額を見て改善点を把握することもできます。よりよいトレードに取り組むためには、自分の取引を客観的に振り返ることが大切ですので、取引履歴をダウンロードできるのはトレーダーにとって嬉しいポイントです。

MT4とMT5の違いは?

MT4の後継版としてMT5がリリースされています。ただ、いまだにMT4を使用している投資家の方が多いです。その理由について説明していきます。

MT4とMT5の違いを比較表にまとめました。動作スピードやモバイルアプリ、ミニチャートの表示など基礎的な性能は、後継機のMT4の方が勝っています。ただ、カスタムのインジケーターや自動売買システム(EA)の数はMT4の方に分があります。また海外FX会社もMT4は扱っているものの、MT5は扱っていない業者が多いです。

MT4MT5
動作スピード遅い(32bit)速い(64bit)
時間足9種類21種類
モバイルアプリ機能が少ない機能が多い
ストップリミット注文不可
デフォルトのインジケーター30種類38種類
カスタムのインジケーター多い少ない
描画ツール31種類44種類
EAの種類多い少ない
ミニチャートの表示不可
プログラム言語MQL4MQL5
海外FX会社の対応数ほぼ対応一部のみ

MT5に関してはの以下の記事でまとめています。

MT4を利用するメリット

MT4には、主に次の5つのメリットがあります。

自動売買で24時間取引ができる

MT4は自動売買でトレードすることも可能です。自動売買とは、あらかじめ設定したルールに従って自動で取引を行ってくれる機能です。

MT4では、エキスパートアドバイザー(EA)と呼ばれる自動売買プログラムを取り込むことで自動売買が行えるようになります。EAは他の業者から購入するか、もしくは自分で作成することもできます。

自動売買の大きなメリットは、取引のチャンスを逃さないことです。FXは為替変動によって利益を得る取引ですが、常にマーケットに張り付いてチャンスを狙うことは現実的とはいえません。しかし、自動売買では事前に設定したルールに基づいて自動で取引を行ってくれるため、仕事中や睡眠中でもチャンスを逃さずに売買が行えます。「取引に充てる時間がない」、「手間をかけずにFXに取り組みたい」という人は、ぜひMT4で自動売買に挑戦してみるとよいでしょう。

FX自動売買についての初心者向け基礎知識やメリット・デメリットは以下記事で解説しています。

多様なチャート機能を使える

MT4の大きな魅力は、何といっても豊富なチャート機能です。

MT4ではバーチャートやロウソク足、ラインチャートなどの基本的なチャートの他に、移動平均、RSI、ボリンジャーバンドなど約30種類のテクニカル指標を利用することが可能です。

さらに、無料で約2,000種類のカスタムインジケータも利用できるため、さまざまな市場環境に対応しながらFXに取り組むことができます。

また、チャートは分足や月足など9種類の時間軸で表示できるので、短期から長期までさまざまな視点によって市場の動向を分析できるメリットもあります。

チャート表示をカスタマイズできる

MT4はカスタマイズ性にも優れており、チャート表示を好きなようにアレンジすることが可能です。

テクニカル分析で利用するチャート画面は、「短期と長期をどちらも確認したい」、「分かりやすく色分けをしたい」などトレーダーによってさまざまな好みがあります。表示されたチャートが自分にとって見やすいものであれば、テクニカル分析もスムーズに行えるのではないでしょうか。

MT4では、表示するパラメータの種類や色などを自分の好きなように調整することができます。カスタマイズしたチャートを保存しておけばデフォルトとして表示されるので、常に快適で見やすいチャート画面で取引にのぞめるメリットがあります。

スマートフォンでも利用できる

本格的なテクニカル分析というとパソコンでの取引をイメージするかもしれませんが、MT4はスマートフォンやタブレット端末で利用することも可能です。

スマートフォン版のアプリでもパソコンと同様にチャートの表示やカスタマイズができるので、移動中や休憩時間などの隙間時間を活用してFXを楽しむことができます。

「外出先でもチャートを確認したい」、「スマートフォンで手軽にテクニカル分析を行いたい」という人は、ぜひスマートフォン版のMT4をインストールしてみましょう。

基本的に無料で使える

MT4はインストールが無料で行えることに加えて、約2,000種類のインジケータも無料で利用できます。FXの取引ツールは有料のものも多くある一方、MT4でこれだけの機能が無料で利用できるのは大きなメリットです。

基本的には無料の機能で事足りると思いますが、さらにインジケータをカスタマイズしたい場合は700種類の有料機能も利用できます。

MT4の利用によるデメリット

さまざまなメリットがあるMT4ですが、一方で次のようなデメリットも存在します。

初心者にはハードルが高い

MT4は多くのテクニカル指標やインジケータが利用できますが、初めてFXに取り組む人にとっては扱い方が少し難しいかもしれません。

しかし、MT4対応の各FX会社・証券会社にはきちんと利用マニュアルが用意されていますので、最初はひとつずつ手順を確認しながら取引を行ってみるとよいでしょう。何度か取引を繰り返している内に、次第に操作の流れにも慣れてくるはずです。

また、MT4対応のFX会社・証券会社の中にはMT4のデモ口座を提供しているところもあります。本番と同様の環境でMT4を試すことができますので、「使いこなせるか不安」という人はデモ口座からチャレンジしてみるのもよいでしょう。

MT4対応のFX会社・ネット証券会社が少ない

MT4は大変便利なツールですが、FX会社・ネット証券会社での取り扱いが少ないというデメリットがあります。例えば、ネット証券会社の中でMT4を利用できるのは、楽天証券のみです。

既に利用しているFX会社・証券会社がMT4対応していない場合、MT4口座の資金を別管理する必要があり一元管理ができませんので、不便に感じることもあるかもしれません。

チャートの表示時間が東欧基準

MT4はロシアで開発されたツールであることから、チャートの表示時間が東欧基準となっています。そのため、取引の際は下記の通り日本時間に読み替える必要があります。

表示時間に7時間(夏時間は6時間)足すだけですので次第に慣れてきますが、MT4を使い始めたばかりの頃は時差に戸惑うこともあるかもしれません。

MT4での取引の始め方

MT4はFX会社・証券会社を通じて利用します。ここでは、MT4を利用するまでのステップを確認していきましょう。

STEP
MT4対応FX会社・証券会社で口座開設を申し込む

まずは、MT4に対応したFX会社・証券会社で口座開設を申し込みます。国内では、MT4に対応できるFX会社・証券会社が限られていますので、本記事で紹介した「MT4が使える人気のおすすめFX会社・証券会社 | 7選」を参考にどのFX業者を利用するか探してみてください。

その際は、取扱通貨ペアやスプレッド、用途などを比較することがおすすめです。

STEP
必要事項の入力&本人確認書類の提出

次に、氏名や住所、生年月日などの必要事項を入力します。入力内容に誤りがあると、FX会社・証券会社側での確認手続きが発生し、口座開設が完了するまでに時間がかかってしまいます。

スムーズに口座開設を完了するためには、送信前に再度入力内容が正しいか確認するようにしましょう。

また、口座開設の際は、運転免許証などの本人確認書類の提出が必要となります。本人確認書類に記載されている事項は、入力した内容と相違がないか確認されますので、引っ越しなどで住所が変わっている場合は先に変更手続きを済ませておきましょう。

STEP
MT4をインストールする

FX会社・証券会社での口座開設が完了したら、MT4をインストールします。インストール後、利用したいFX会社・証券会社と連携すれば準備完了です。

ただし、MT4をインストールする流れはFX会社・証券会社によって異なります。たとえば、楽天証券ではFX口座を開設したあとに、「MT4口座」を開設することでツールが利用できるようになります。

MT4を提供しているFX会社・証券会社には利用マニュアルが用意されていますので、くわしくは口座開設を行うFX会社・証券会社で確認してみましょう。

MT4おすすめFX会社・証券会社 | よくある質問(Q&A)

最後にMT4に関するよくある質問について回答していきます。

無料でMT4を利用できますか?

MT4を提供しているFX会社・証券会社では、MT4は無料で利用ができます。

MT4は初心者でも利用できますか?

MT4には豊富なチャートツールがあり、自分の取引方法に合わせてカスタマイズしながら利用します。そのため、初心者にとっては使い方が難しいと感じることもあるかもしれません。

しかし、MT4は非常に便利なツールですので、初心者の方もまずは色々な機能を触って使い方を学んでいけば次第に取引画面にも慣れてくるでしょう。

MT4が利用できるおすすめのFX会社・証券会社はどこですか?

MT4が使えるおすすめFX会社・証券会社 | 7選に掲載されている7つのFX会社・証券会社であればMT4を使用することができます。その中で上記の比較表や各社の詳細説明を参考にしながら、自分の重視する項目(例えばUSD/円のスプレッドなど)を相互に比較し、自分に合うFX会社・証券会社を探してみてください。

MT4に表示されている時間がズレているのはエラーですか?

MT4はロシアの会社によって作られたツールであるため、表示されている時間が東欧基準となっています。日本時間は、表示時間に7時間(夏時間は6時間)足したものとなりますので、取引の際は時間を換算して利用しましょう。

MT4とMT5の違いは何ですか?

MT4とMT5の違いをまとめた表が以下の通りです。

性能面では最新版であるMT5の方に分があるものの、インジケーターや自動売買システム(EA)の数が多いです。また海外FX会社もMT4は扱っているものの、MT5は扱っていない業者が多いです。

MT4MT5
動作スピード遅い(32bit)速い(64bit)
時間足9種類21種類
モバイルアプリ機能が少ない機能が多い
ストップリミット注文不可
デフォルトのインジケーター30種類38種類
カスタムのインジケーター多い少ない
描画ツール31種類44種類
EAの種類多い少ない
ミニチャートの表示不可
プログラム言語MQL4MQL5
海外FX会社の対応数ほぼ対応一部のみ
MT4のメリットを教えてください。

MT4を利用するメリットには以下のようなものがあります。詳細はこちらからご確認ください。

  • 自動売買で24時間取引ができる
  • 多様なチャート機能を使える
  • チャート表示をカスタマイズできる
  • スマートフォンでも利用できる
  • 基本的に無料で使える
MT4のデメリットを教えてください。

MT4を利用するメリットには以下のようなものがあります。詳細はこちらからご確認ください。

  • 初心者にはハードルが高い
  • MT4対応のFX会社・ネット証券会社が少ない
  • チャートの表示時間が東欧基準

MT4おすすめFX会社・証券会社 | まとめ

MT4は、全世界で人気のFX取引ツールです。国内のFX会社・証券会社でも無料で提供しているところがあり、多くのトレーダーが取引に活用しています。本格的なテクニカル分析や自動売買が行え、かつカスタマイズも豊富な取引ツールを無料で利用できるのはすごいですよね。

MT4をFXの取引ツールとして利用したいと思った方は、ぜひこの記事を参考にして、MT4が利用できるFX会社・証券会社の口座を開設してみてください。JFXならスキャルピングが公認されています。

1万円からFXをスタートできる!
アヴァトレード・ジャパン【MT5】
MT4利用するなら「アヴァトレード・ジャパン」

<本書面の取扱に関する留意事項>
・本書面は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。
・本書面は当社が信頼できると判断した情報をもとに当社が作成・表示したものですが、当社は本書面の内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
・本書面は将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本書面および本書面で使用される資料に記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、当社は、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。
・本書面で使用される資料に記載された内容は、資料作成時点におけるものであり、予告なく変更される場合があります。
・当社は本書面で使用する資料を更新する義務を負いません。本書面で使用する資料の本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権は当社に帰属し、当社に無断で資料およびその複製物を修正・加工、複製、送信、配布等することは堅く禁じられています。

記事執筆者

ALLマネー! 編集部

監修者 
若本 康夫
海外大学院でMBA(経営学修士)取得後、大手証券会社にて勤務。
退職後ファイナンシャルプランナーとして独立し、現在は資産形成を中心とする記事執筆にも携わっています。
証券会社勤務の経験を活かし、暗号資産やNFTなど新しい領域も含め幅広くカバーしています。
■保有資格:証券アナリスト、IFA(資産アドバイザー)、FP(ファイナンシャルプランナー)

目次