ヒロセ通商(LION FX)の評判は?スキャルピングに特化?メリット・デメリットを徹底解説!【2024年度】

本ページはプロモーションが含まれています
  • URLをコピーしました!

ヒロセ通商(LION FX)は、取扱通貨ペア数が多いことやスキャルピング取引が行えることが魅力のFX会社です。
FX口座開設にあたって、「他のトレーダーからのLION FXに関する評判が気になる」と考えている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、ヒロセ通商(LION FX)の評判やメリット・デメリット、利用に向いている人の特徴について徹底的に解説します。

オリコン顧客満足度9年連続1位

スキャルピングなら「LION FX」

いまなら最大100万円キャッシュバック!

【LION FX】
口座開設の申し込みはこちら

目次

ヒロセ通商(LION FX)の基本情報

出典:ヒロセ通商
運営元・基本情報
FX会社名ヒロセ通商(LION FX)
運営会社ヒロセ通商株式会社
取扱通貨ペア数54通貨ペア
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
入出金手数料無料
自動売買×(シグナル注文は利用可)
スキャルピング
デモトレード

LION FXはヒロセ通商株式会社が提供するFXサービスです。ヒロセ通商は、2004年創業の会社で2016年には東京証券取引所JASDAQに上場しているなど実績十分のFX会社です。

そんなヒロセ通商が提供するLION FXには主に次のような特徴があります。

オリコン顧客満足度ランキングFX取引 1位
カバー先の金融機関が多い
情報提供のコンテンツが豊富

それぞれくわしく紹介していきましょう。

オリコン顧客満足度ランキングFX取引部門 第1位

画像引用:ヒロセ通商


ヒロセ通商(LION FX)は、「2024年オリコン顧客満足度ランキング 」のFX専門業者で第1位、
FX 総合で第1位を獲得しています。
FX専門業者では9年連続、FX総合では5年連続
となっており、ヒロセ通商(LION FX)がFX業界で長く評価され続けていることが分かります。

その他にも、口座開設・特典や取引手数料、通貨ペア・発注方法など多くの項目で1位を獲得しており、ユーザーの満足度が非常に高いFX会社といえます。
オリコンの評価は実際のユーザー約7,000人によるもので、名だたるFX会社の中で特に高く評価されていることがうかがえます。

顧客満足度評価が高いということは、それだけでFX会社を選ぶ上でかなりの安心材料になるのではないでしょうか。


カバー先の金融機関が多い

ヒロセ通商(LION FX)は、カバー先の金融機関が多いことも特徴です。

カバー先とは、FX会社がトレーダーから受けた注文と同様の発注を出す金融機関先のことで、
FX会社は、トレーダーの注文を成立させやすくする目的でカバー取引を行います。

カバー取引を行う金融機関の数はFX会社によって異なっており、カバー先が多いほど安定したレートを提供しやすい傾向にあります。

ヒロセ通商(LION FX)ではUBS銀行やバークレイズ銀行、三菱UFJ銀行、シティバンクエヌ・エイなど、他のFX会社に比べて多くのカバー先と提携しており、その点でトレーダーは安心して売買に取り組むことが可能です。


情報提供のコンテンツが豊富

ヒロセ通商(LION FX)は、情報提供のコンテンツが豊富であることも特徴のひとつです。
ヒロセ通商(LION FX)が提供しているコンテンツには、下記のようなものが挙げられます。

無料のWEBセミナー
FXレポート
FXに関するお悩み相談番組
投資戦略のメールマガジン
会員限定の為替情報コンテンツ

刻一刻と市況が変化するFXでは、常に最新の情報を掴むことが大切です。
とはいえ、これからFXを始める人にとっては「どこで情報を見ればいいのだろう」、「どんなニュースが重要なのか分からない」と感じることもあるでしょう。

ヒロセ通商(LION FX)では動画やレポート、メールマガジンなど、さまざまな方法で初心者にもわかりやすい情報提供が行われています。
ダウ・ジョーンズやロイターニュースなど大手報道社のニュースも日本語でチェックできるため、情報収集の手段に困ることがありません。
これらのコンテンツを利用することで初心者の方でも安心して取引を行うことができます。

ヒロセ通商(LION FX)の良い評判・メリット

続いては、ヒロセ通商(LION FX)のメリットについて解説していきます。
実際にヒロセ通商(LION FX)を利用したユーザーからは、良い評判として以下のような評判が聞かれました。

取扱通貨ペア数が豊富

ヒロセ通商(LION FX)では、54種類の通貨ペアを取り扱っています。
ここで、主要FX会社の取扱通貨ペア数を比較してみましょう。

FX会社 取扱通貨ペア数
ヒロセ通商(LION FX)54通貨ペア
SBI FXトレード34通貨ペア
DMM FX21通貨ペア
外為どっとコム30通貨ペア
みんなのFX34通貨ペア

ヒロセ通商(LION FX)は他社と比べても取扱通貨ペア数が多く、実際に利用しているユーザーからは「マイナー通貨でも取引できる」、「クロス円以外の通貨ペアが豊富」といった評判が聞かれています。

取扱通貨ペア数は、トレードの選択肢にも直結するポイントです。豊富な通貨ペア数の中から投資先を選べるため、市況に応じてトレードの戦略を変えられるというメリットがあります。
選択肢は多いに越したことはないので、この点はヒロセ通商(LION FX)の強みであるといえます。

高金利通貨ペアのスワップポイントが高い

ヒロセ通商(LION FX)では、高金利通貨のスワップポイントについても良い評判が聞かれました。

スワップポイントとは、通貨を取引する二国間の金利差によって発生する利益のことで、原則として毎日受けとることができます。

スワップポイント狙いで取引を行う人もいるなど、FX取引において重要な要素のひとつになります。
ここで、高金利通貨として知られる3つの通貨のスワップポイントを確認してみましょう。

トルコリラ/円メキシコペソ/円南アフリカランド/円
ヒロセ通商
(LION FX)
買:37
売:-67
買:26
売:-52
買:17
売:-36


仮に1トルコリラ=4円のときに1万通貨取引する場合、必要となる金額は4万円です。上記表では、それに対して37円をスワップポイントして受け取れることが分かります。

取引額全体と比べると金額が大きいとはいえないものの、売買を行わずに毎日利益を受け取れるのはかなり嬉しいメリットです。

1,000通貨から取引ができる

ヒロセ通商(LION FX)は、1,000通貨から取引できる点もメリットのひとつです。
FXでは各社によって最小取引単位が異なっており、中にはトレードを行うのににまとまった資金が必要となることも珍しくありません。

FX会社最小取引単位
ヒロセ通商(LION FX)1,000通貨
パートナーズFX1万通貨
DMM FX1万通貨


たとえば、米ドル/円で取引する場合の投資金額を比較してみましょう。仮に1ドル=150円のときにレバレッジ25倍で取引する場合、必要となる資金は下記の通りです。

【1万通貨の場合】
150円 × 1万通貨 ÷ 25 = 6万円

【1,000通貨】
150円 × 1,000通貨 ÷ 25= 6,000円

最小取引単位が1,000通貨のヒロセ通商(LION FX)では、より少額から取引をスタートできることが分かります。
FXと聞くと「まとまった投資資金が必要」というイメージがあるかもしれませんが、
1,000通貨からであれば投資経験が浅い人でもチャレンジしやすいといえるでしょう。

スキャルピング取引が行える

ヒロセ通商(LION FX)は、スキャルピング取引を容認していることも特徴のひとつです。

スキャルピングとは、数秒や数分間隔の短い時間で売買を繰り返す取引です。コツコツと利益を積み上げられるメリットがあるものの、多くの取引を行うことでサーバーに負担がかかることから、国内のFX会社ではスキャルピングを禁止としているところもあります。

一方、ヒロセ通商(LION FX)では公式ホームページにスキャルピングを容認する旨が記載されています。パソコンやスマートフォンアプリなどの取引ツールでは、スキャルピングに特化した「クイック注文」が搭載されており、トレーダーは快適な環境で短期売買に取り組むことが可能です。

入出金がリアルタイムで行える

ヒロセ通商(LION FX)では、入出金がリアルタイムで行える点もユーザーから高く評価されています。

ヒロセ通商(LION FX)には、「クイック入金」と「振込入金」の2種類の入金方法がありますが、クイック入金については入金が即時反映されます。即時反映は24時間行われますので、「夜間に突然取引チャンスが到来した」というときでもすぐにトレードを始めることが可能です。

また、ヒロセ通商(LION FX)では、出金手続きについても即時反映されることが特徴です。出金手続きは「リアルタイム出金」と「通常出金」の2種類があり、9:30~14:30に行ったリアルタイム出金については、指定口座に即時入金されます。

FXでは急な相場の変動で取引のチャンスが訪れることが多くあるため、タイムラグを気にせずに入出金が行えるのはトレーダーにとって嬉しいポイントです。

約定力が高く安定している

画像引用:ヒロセ通商

ヒロセ通商(LION FX)は、約定力の高さにも定評があります。ヒロセ通商(LION FX)では高いパフォーマンス環境を提供するためのシステムが導入されており、約定スピードは世界最速水準の0.001秒です。

特に、スキャルピングのように短時間で取引を繰り返す場合、約定スピードが重要なポイントとなります。もし約定に時間がかかるFX会社の場合、狙ったレートで約定できず、不利なレートで約定してしまうことも考えられます。
その点、ヒロセ通商(LION FX)ではクリックするとほぼ同時に約定が行われるため、安定した環境で取引することが可能です。

取引ツールの利便性が高い

ヒロセ通商(LION FX)は、取引ツールが豊富である点も大きな魅力です。
パソコン向けツールは7種類、スマートフォン・タブレット向けツールは7種類あり、それぞれ対応している注文方法やチャートの表示数、テクニカル分析の描画種類などが異なります。

トレーダーは自分の取引スタイルに合わせてツールを選べるメリットがあり、さらに各ツールは併用できることからトレードに応じてツールを使い分けられる利便性もあります。

ツールの詳細については本記事内でくわしく紹介していますので、そちらも併せて参考にしてください。
ヒロセ通商(LION FX)の取引ツール一覧

注文方法が豊富

ヒロセ通商(LION FX)は、注文方法の豊富さも高い評価を受けています。
FXには「成り行き注文」や「指値注文」、「逆指値注文」など複数の注文方法があり、トレーダーは投資意向や市況によって注文方法を使い分けています。

ヒロセ通商(LION FX)では各ツールによって利用できる注文方法が異なっており、最も多いツールでは26種類もの注文方法を利用することが可能です。
スマートフォンでも最大21種類の注文方法が利用できますので、さまざまな注文方法を試せる楽しみがあります。

ヒロセ通商(LION FX)の悪い評判・デメリット

多くの良い評判が聞かれるヒロセ通商(LION FX)ですが、一方で次のようなネガティブな評判も聞かれています。

それぞれくわしく紹介していきましょう。

時間帯によってはスプレッドが広がりやすい

ヒロセ通商(LION FX)を利用する際は、スプレッドについて注意が必要です。
ヒロセ通商(LION FX)では原則固定のスプレッドが導入されているものの、朝の時間帯は広告スプレッドの適用外とされています。

通貨ペア原則固定スプレッド広告時間外スプレッド
米ドル/円0.23.9
ポンド/円0.99.9
ポンド/NZドル3.824.9
豪ドル/NZドル1.819.9
ユーロ/円0.45.9


広告時間外となる時間帯は通貨ペアによって異なりますが、およそAM3:00~10:00の間となっています。朝方にトレードを行う際は、スプレッドの広がりに注意するようにしましょう。

また、通貨ペアによっては変動制のスプレッドが導入されている場合もあります。

通貨ペアスプレッド
豪ドル/円0.5~1.8
メキシコペソ/円0.2~0.8
トルコリラ/円1.6~3.5
カナダドル/円1.5~3.0
NZドル/円0.7~2.9


変動制のスプレッドについては、市況の動向や経済指標の発表、金利動向などによって大きく変動することがあります。ヒロセ通商(LION FX)でトレードを行う際は、必ずスプレッドの水準について確認するようにしましょう。

メジャー通貨のスワップポイントが低い

ヒロセ通商(LION FX)では、高金利通貨のスワップポイントは評判が高いものの、メジャー通貨については低いと評されることがあります。そのため、メジャー通貨でのスワップポイントを目的とした取引には向いていないといえるでしょう。

ただし、キャンペーンによってスワップポイントが上乗せされる場合もあります。ヒロセ通商(LION FX)では、定期的にスワップポイントを上乗せするキャンペーンを開催しており、キャンペーン中は増額したスワップポイントを受け取ることができます。
スワップポイントを目的に取引する際は、活用できるキャンペーンがないか確認してみるとよいでしょう。

自動売買に対応していない

ヒロセ通商(LION FX)は、自動売買に対応していない点にも注意が必要です。

ヒロセ通商(LION FX)では自動売買のツールを接続することが約款で禁止されており、外付けのツールを使って自動売買に取り組むことができません。自動売買は24時間取引を行えるメリットがあるため、自動売買ツールを使いたいと考えている人にとってはデメリットといえるでしょう。

ただし、ヒロセ通商(LION FX)の取引ツール「LIONチャートPlus+」では、「シグナル注文」を取り扱っています。シグナル注文とは、自分で定めた条件に従って自動で注文が発注される注文方法です。
自動売買と同様の仕組みでトレードを行えるため、自動売買を考えている人はLIONチャートPlus+の活用を検討してみましょう。

ヒロセ通商(LION FX)の取引ツール一覧

ヒロセ通商(LION FX)は、パソコン・モバイル向けそれぞれに豊富な取引ツールを取り揃えています。
以下で簡単に紹介していきます。

パソコン用ツールモバイル用ツール
C2
.NET4
Mac専用
LION Web
HTML5版
LION Basic
LIONチャートPlus+
iPad
LION Tab
iPhone LION FX5
Android LION FX5
LIONチャートPlus+
iアプリ
携帯取引

パソコン用ツールではC2が最も多機能で、26種類もの注文方法を利用することができます。また描画ツールもテクニカル分析が22種類、トレンドラインが5種類あり、さまざまなトレード手法に対応することが可能です。

モバイルツールについては「iPhone LION FX5」、「Android LION FX5」の人気が高く、スマートフォンでも4枚のチャートを同時表示できることが魅力です。


各ツールは併用することもできますので、市況や取引環境に応じて複数のツールを使い分けるのもよいでしょう。

取引ツールに関する詳細はこちらをご覧ください。

ヒロセ通商(LION FX)が向いている人の特徴

これまで紹介したヒロセ通商(LION FX)の様々な特徴を踏まえると、ヒロセ通商(LION FX)の利用に向いているのは次のようなニーズがある人といえます。

それぞれくわしく解説していきましょう。

マイナー通貨でトレードをしたい人

ヒロセ通商(LION FX)は取扱通貨ペアが54種類と多く、マイナー通貨ペアも豊富に取り扱っていることが特徴です。

新シェケル(ILS)やオフショア人民元(CNH)など、他のFX会社では取り扱いが少ない通貨も取り扱っているため、「マイナー通貨で取引したい」、「クロス円以外の通貨ペアで取引したい」という人に向いています。

高金利通貨でスワップポイントを受け取りたい人

ヒロセ通商(LION FX)は、高金利通貨のスワップポイントが高水準であることも特徴です。キャンペーンでスワップポイントが増額されることもあるため、同じ通貨ペアを取引する場合でもより多くのスワップポイントを受け取れる可能性があります。

「高金利通貨で取引したい」、「売買以外の方法で利益を得たい」という人は、ヒロセ通商(LION FX)の利用を検討してみるといいでしょう。

スキャルピング取引にチャレンジしたい人

ヒロセ通商(LION FX)は、スキャルピング取引が容認されている数少ないFX会社です。
国内FX会社ではスキャルピングを禁止としているところも多いため、短期売買を行いたいトレーダーにとっては便利なFX会社といえます。

また、ヒロセ通商(LION FX)は、約定スピードが速いので、そのことを踏まえてもスキャルピングに向いていると言えます。

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設から取引開始までの流れ

ヒロセ通商(LION FX)では、口座開設から最短当日に取引を開始することができます。
ここでは、口座開設の手続きの流れについて確認していきましょう。

それぞれ詳しい手続きの流れを確認していきましょう。

STEP

口座開設を申し込む

まず、ヒロセ通商(LION FX)の公式ホームページ上に記載されている「LION FX&CFD口座開設はこちら」もしくは「LION FX口座開設はこちら」をクリックします。

ヒロセ通商(LION FX)では、FX口座と同時にCFD口座を開設することも可能です。CFD取引を予定している人は同時開設しておくとよいでしょう。

その後、必要事項の入力フォームへと遷移します。氏名や生年月日、住所などを誤りのないように入力しましょう。

STEP

本人確認書類&マイナンバー確認書類を送付する

次に、本人確認書類とマイナンバーカード確認書類を送付します。送付方法にはWEB上へのアップロードやメール、郵送などいくつかの方法がありますが、
おすすめなのは「スマホでかんたん本人確認」です。

スマホでかんたん本人確認では、本人確認書類と顔写真を撮影することで手軽に本人確認が行えます。最短当日に取引が開始できますので、スムーズに口座開設を行いたい人はスマホで本人確認を利用しましょう。

スマホで本人確認には下記の書類が必要となります。

本人確認書類(いずれか1点)・マイナンバーカード
・運転免許証(運転経歴証明書)
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
マイナンバー確認書類(いずれか1点)・マイナンバーカード
・通知カード
・住民票(マイナンバー記載あり)

なお、健康保険証など上記書類以外の書類を提出する場合は、アップロードやメールなど
「スマホでかんたん本人確認」以外の方法で本人確認を行いましょう。

STEP

口座開設完了

口座開設の手続き完了後、ヒロセ通商(LION FX)にて審査が行われます。
その後、ユーザーID・パスワードが送付される流れです。

送付方法については、本人確認の方法によって異なります。
【スマホで本人確認・ネットバンクでかんたん本人確認】・・・メールにて送付
【上記以外の方法】・・・転送不要郵便にて送付


取引口座へログイン後、取引をスタートできます。

ヒロセ通商(LION FX)のキャンペーン情報

ヒロセ通商(LION FX)では、スタンダードなキャッシュバックキャンペーンに加えて、食品やプロ野球の観戦チケットがプレゼントされるキャンペーンなど豊富なプログラムを開催しています。2024年6月25日現在15種類のキャンペーンが行われています。

ここでは、毎月開催されているゾロ目キャンペーンについて紹介しましょう。

キャンペーン名ゾロ目を引き寄せよう!パスタソースプレゼントキャンペーン!
開催期間2024年6月3日AM 6:30~2024年7月1日AM 8:59まで
対象者約定履歴の各決済損益に「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の中で同じ数字が連続で3つ以上並んだ人
対象通貨ペア・ポンド/円
・ユーロ/円
・豪ドル/円
・NZドル/円
・ポンド/米ドル
・ユーロ/米ドル
・豪ドル/米ドル
・南アフリカランド/円
・メキシコペソ/円
・トルコリラ/円
特典・3連続のゾロ目・・・パスタソース(2人前)
・4連続のゾロ目・・・パスタソース(4人前)
・5連続のゾロ目・・・パスタソース(6人前)
申込方法決済損益のCSVデータを添付のうえ、専用フォームより申し込み

本キャンペーンは、決算損益に3つ以上のゾロ目が並ぶことでパスタソースをプレゼントしてもらえるユニークな内容です。ゾロ目の数によってもらえるプレゼントの数が変わるため、取引の楽しみにするのもよいでしょう。
プレゼントの商品内容については毎月変わるので、是非お楽しみに!
ゾロ目キャンペーンは毎月開催されていますので、ぜひ最新情報をチェックしてみてください。

キャンペーン情報に関する詳細はこちらから!

ヒロセ通商(LION FX)に関するよくある質問

最後に、ヒロセ通商(LION FX)に関するよくある質問について回答していきます。

ヒロセ通商(LION FX)にはデモ口座はありますか?

ヒロセ通商(LION FX)ではデモトレード口座の提供が行われています。
土日も仮想レートが配信されているため、マーケットが動いていない間もトレードの練習をすることができます。

ヒロセ通商(LION FX)のトレード時間は?

ヒロセ通商(LION FX)の取引時間は、月曜日午前7時00分~土曜日午前6時30分です。
ただし、米国のサマータイム中は月曜日午前6時30分~土曜日午前5時30分となります。

ヒロセ通商(LION FX)の取引手数料は?

ヒロセ通商(LION FX)では、取引手数料、入出金手数料が無料で利用できます。

ヒロセ通商(LION FX)の約定力は?

ヒロセ通商(LION FX)では高いパフォーマンス環境を整えるシステムが導入されており、
約定スピードは最速0.001秒となっています。
世界最速水準のスピードでトレードできることから、スキャルピングにも向いているFX会社です。

ヒロセ通商 (LION FX)| まとめ

実際にヒロセ通商(LION FX)を使っているユーザーからは、取扱通貨ペアが多いことやスキャルピング取引が行える点に良い評判が聞かれました。
取引ツールも豊富であるため、自分に合った取引環境を整えられるのも嬉しいポイントです。

また、ヒロセ通商(LION FX)では食品をプレゼントするユニークなキャンペーンも開催
していますので、ぜひトレードの楽しみとして活用してみてはいかがでしょうか。

オリコン顧客満足度9年連続1位

スキャルピングなら「LION FX」

いまなら最大100万円キャッシュバック!

【LION FX】
口座開設の申し込みはこちら

<本書面の取扱に関する留意事項>
・本書面は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行為および行動を勧誘するものではありません。
・本書面は当社が信頼できると判断した情報をもとに当社が作成・表示したものですが、当社は本書面の内容および当該情報の正確性、完全性、的確性、信頼性等について、いかなる保証をするものではありません。
・本書面は将来のいかなる結果をお約束するものでもありません。お客様が本書面および本書面で使用される資料に記載の情報をいかなる目的で使用する場合においても、お客様の判断と責任において使用するものであり、使用の結果として、お客様になんらかの損害が発生した場合でも、当社は、理由のいかんを問わず、いかなる責任も負いません。
・本書面で使用される資料に記載された内容は、資料作成時点におけるものであり、予告なく変更される場合があります。
・当社は本書面で使用する資料を更新する義務を負いません。本書面で使用する資料の本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権は当社に帰属し、当社に無断で資料およびその複製物を修正・加工、複製、送信、配布等することは堅く禁じられています。

記事執筆者

ALLマネー! 編集部

監修者 
若本 康夫
海外大学院でMBA(経営学修士)取得後、大手証券会社にて勤務。
退職後ファイナンシャルプランナーとして独立し、現在は資産形成を中心とする記事執筆にも携わっています。
証券会社勤務の経験を活かし、暗号資産やNFTなど新しい領域も含め幅広くカバーしています。
■保有資格:証券アナリスト、IFA(資産アドバイザー)、FP(ファイナンシャルプランナー)

目次