【DMM Bitcoin】の評判・口コミは?メリット・デメリットについても詳しく解説!

2022/04/12 1:09:00 PM

DMM Bitcoinは日本国内でも高い人気を誇る仮想通貨取引所です。

スプレッドが広いというデメリットはあるものの、複数の手数料が無料で、豊富な種類の仮想通貨を扱っている評判のよい取引所のひとつです。利用する取引所に迷った方は利用を検討するとよいでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所はたくさんありますが、なかでも高い人気を誇る取引所のひとつが「DMM Bitcoin」です。

事ではDMM Bitcoinを利用するメリット・デメリットと、口コミや評判を紹介します。

【DMM Bitcoin】ってどんな取引所?

DMM Bitcoinは株式会社DMM.comが運営する仮想通貨取引所で、2016年に設立されました。

仮想通貨の売買のプラットフォームは取引所と販売所とがありますが、DMM Bitcoinは販売所に該当します。国内でも大手、かつ高い人気を誇る仮想通貨取引所で、多数のトレーダーが活用しています。

利用者が多く、仮想通貨の流動性も高いため、取引が成立しやすく利益を上げられるチャンスも多くあります。また、スマートフォンのアプリもわかりやすく、仮想通貨初心者の方でも取引を始めやすいでしょう。

【DMM Bitcoin】を利用するメリット

仮想通貨の取引をする場合、仮想通貨取引所ごとに利用するメリットを把握しておく必要があります。

DMM Bitcoinの利用を検討している方のために、DMM Bitcoinの特徴・メリットを7つご紹介しましょう。

DMM Bitcoinのメリット

1. 売買できる仮想通貨数が多い
2. 手数料の多くが無料
3. 注文機能が多く選択肢が広い
4. 取引システム・アプリが使いやすい
5. 仮想通貨業界初の「BitMatch注文」
6. 強固なセキュリティで顧客の資産を守る
7. 充実したサポート

1. 「売買できる仮想通貨数が多い」| 仮想通貨の取り扱い通貨数は15種類!

仮想通貨のトレーダーのなかには、ビットコイン以外のアルトコインも取引したいと思っている方もたくさんいるでしょう。DMM Bitcoinはビットコイン以外のアルトコインも数多く扱っており、取引の選択肢を増やしたい方におススメの取引所です。国内の仮想通貨のレバレッジ取引所でこれほど豊富なアルトコインを扱っているところはほかにありません。

販売所ではビットコインやイーサリアムといった主要な通貨を含めた11種類での現物取引を行うことができ、レバレッジ取引所ではさらに4つのアルトコインを含む15通貨で取引を行うことができます。

取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ネム(XEM)

・リップル(XRP)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・ライトコイン(LTC)

・ステラ ルーメン(XLM)

・イーサクラシック(ETC)

・オーエムジー(OMG)

・モナーコイン(MONA)

・クアンタム(QTUM)

・ベーシックアテンショントークン(BAT)

・テゾス(XTZ)

・エンジンコイン(ENJ)

・シンボル(XYM)

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨は、以前ほど大きな価格変動が見込めません。しかし、まだマイナーなアルトコインであれば莫大な利益を上げられる可能性があります。

大きな利益を狙っているトレーダーの方は、DMM Bitcoinでアルトコインの取引を検討するとよいかもしれません。

2. 「 手数料の多くが無料」| 有利に取引ができる!

DMM Bitcoinを利用する別のメリットは、多くの手数料が無料である点です。

DMM Bitcoinでは、出入金手数料、取引手数料、送金手数料が無料です※1レバレッジロールオーバー手数料は0.04%かかりますが、非常に低額の手数料となります。

※1 BitMatch注文を除く

トレーダーにとって手数料は悩ましい問題で、一般的に取引の数が多くなれば、そのぶん取引手数料がかさんでいきます。まとまった資金を用意しても、出入金手数料や取引手数料が取引ごとにかかればかなりの出費となるでしょう。

そうしたトレーダーの悩みを解決するため、手数料をできるだけ低く、あるいは無料にしている仮想通貨取引所が増えてきました。

DMM Bitcoinはそのなかでも無料になる手数料の数が多く、トレーダーにとって非常に有利になっています。

3. 「注文機能が多く選択肢が広い」| リスクを最小限に抑えることができる!

DMM Bitcoinの注文方法が多様であることもメリットです。

仮想通貨は価格の変動が大きく、短時間で大きな利益を上げたり、逆に大きさ損失を被ってしまったりします。リスクを最小限に抑えるためには、注文方法を慎重に検討しなければなりません。

DMM Bitcoinの現物取引でも、ストリーミング注文、指値、逆指値、OCOの4つの注文方法があります。レバレッジ取引になると、さらにIFD、IFO、一括決済、クイック決済、FIFOの5つの注文方法が加わります。

また、レバレッジ取引では両建ても可能なので、トレーダーの取引の幅を広げ、多くのチャンスをもたらしてくれます。

4. 「取引システム・アプリが使いやすい」| 分析も簡単!

DMM Bitcoinは、パソコン版のシステムやスマートフォンのアプリが使いやすい点でも評価されています。

仮想通貨の取引で利益を上げるためには、チャートとテクニカル指標を使って分析を行い、適切なエントリーのタイミングを掴まなければなりません。テクニカル指標のなかには移動平均線や一目均衡表といったトレンド系と、RSIやストキャスティクスのようなオシレーター系があり、利用できる場面が異なります。

DMM Bitcoinのパソコン版システムではトレンド系・オシレーター系を含め10種類以上のテクニカル指標が入っているので、相場の動きに合わせて適切な分析が行えます。操作方法が比較的簡単で、レイアウトも自分の見やすいようにカスタマイズできるため、とても便利です。もちろんトレンドラインを描画したり、ローソク足の時間足を切り替えたりして取引に活かすことも可能です。

一方スマートフォンのアプリも非常に使いやすいため、多くのトレーダーが活用しています。2021年4月の時点でダウンロード数は100万を超えていることからも、人気の高さがうかがえるでしょう。パソコン版システムと同様、チャートの分析に必要なテクニカル指標が揃っているので、エントリーのタイミングを逃しません。

5.「仮想通貨業界初のBitMatch注文」| コストカット可能!

DMM Bitcoinが高い評価を得ている別の要因は、仮想通貨業界初の「BitMatch注文」です。取引の際に発生するスプレッドを気にせずに取引できる注文方法で、トレーダーにとって非常に有利になるものです。

仮想通貨取引では、買値と売値が表示され、2つの価格の間にはわずかな差があります。この差を「スプレッド」と呼び、仮想通貨取引所はスプレッドによって利益を得ています。しかし、トレーダーにとってスプレッドはデメリットです。短時間に取引を繰り返すトレーダーは、スプレッドが大きな負担となり得ます。

そこで登場したのが「BitMatch注文」です。BitMatch注文は、発注から30秒以内に取引が成立すれば、提示されている買値と売値の仲値で売買できる注文方法です。トレーダーとしてはコストをカットできるので、より多くの資金を取引に投入できます。

特にレバレッジ取引で効果を発揮する注文方法です。取引手数料はかかるものの、それ以上のメリットがあるといえるでしょう。

6.「 強固なセキュリティで顧客の資産を守る」| 安心安全!

仮想通貨取引所の大きな課題のひとつはセキュリティ対策ですが、DMM Bitcoinはその点でも高評価を得ています。

DMM Bitcoinを運営しているDMM.comは大手企業であるとともに、トレーディングの分野で豊富な実績があります。高い技術力を駆使して、顧客の資産をしっかり守っています。

顧客の資産の95%以上は、ネットワーク接続から切り離されたコールドウォレットで保管されており、不正アクセスを防止します。仮想通貨が不正に引き出されてしまわないように、作業は常に二人体制で行われ、複数部署の承認がなければ出庫できません。

アプリを使って自分の口座にログインする際には、通常のファイアウォールでは防ぎきれない攻撃を阻止できるWAFによる承認が必要です。また、WAFに加え2段階認証が行われ、顧客の資産を強固に守ります。社外からの不正は当然ですが、社内の不正も24時間監視しており、万全のセキュリティ対策が行われているのです。

7.「充実したサポート」| 365日問い合わせ可能!

DMM Bitcoinは、サポートが充実していることでも仮想通貨初心者の評価を得ています。

仮想通貨初心者であれば、取引をしていてトラブルに遭ったり、質問したいことが出てきたりするものです。もし問題が発生しても、DMM Bitcoinであれば365日いつでもサポートセンターに問い合わせできます。LINEを使った質問も可能なので、とても便利です。

土日祝日も関係なくいつもで質問ができるので、初心者の方でも安心して取引できるでしょう。

対応時間は7時から22時までなので注意が必要です。

口座開設で2,000円プレゼント!

【DMM Bitcoin】のデメリット

DMM Bitcoinには多くのメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

DMM Bitcoinのデメリット

1. ロスカットの水準が低い
2. 取引できる仮想通貨が少ない
3. ほかの取引所と比較してスプレッドが広い

1. 「ロスカットの水準が低い

DMM Bitcoinのデメリットのひとつは、強制的に決済されてしまうロスカットの水準が50%と、かなり低いことです。ロスカットの水準が低いと急激な価格変動が起こったときに、大きな損失を被ってしまう恐れがあります。

通常はもう少し高い水準でロスカットされるため、損失が大きくなりすぎないうちに歯止めがかかります。実際、ほかの取引所では安全を考慮してロスカットの水準が80%程度に設定されています。

ただし、ロスカットの水準が低ければ、ある程度の価格の急落にも耐えられるため、一概に悪いとはいえません。再度価格が上昇すれば、損失を被らずにすむ可能性もあります。

2. 「ほかの取引所と比較してスプレッドが広い」

「BitMatch注文」が行えるDMM Bitcoinは、スプレッドをあまり気にせずにすむのがメリットです。しかし、成約しなかった場合のスプレッドは広くなっています。

ほかの取引所のスプレッドが0.05%から0.2%前後であるのに対し、DMM Bitcoinは販売所なのでスプレッドが0.5%と広いのです。

【DMM Bitcoin】の評判・口コミ

DMM Bitcoinの利用を考えているのであれば、実際の利用者の評判や口コミも気になるでしょう。

DMM Bitcoinの利用者からの評判や口コミをいくつかご紹介します。

「日本最大級の仮想通貨取引所なので、システム的がしっかりしていて、セキュリティ対策もされているのが安心です。手数料が安いのが魅力的で、これから積極的に仮想通貨に投資したい方におすすめです」(40代・男性)

「11種類の通貨が取引できて、レバレッジ取引もできる点が魅力です。XEMやLTC、ETCも取引できるのでいろいろな通貨にチャレンジしてみたい人にはいいかも。取引ツールは逆指値とOCO、IFD等一通り揃っていて文句なしです。スマートフォンのアプリもすごく使いやすいのでいいと思います」(20代・女性)

「一年中いつでもサポート対応をしてくれるので、不安が大きな初心者でも安心して使うことができます。LINEでの対応もしてくれるので、気が楽なのもよかったです。初心者でも簡単に使える無料のツールがあるので、初めて仮想通貨を買いたい方にはいいかもしれません。ただ、スプレッドが広いので、注意しないといけないと思いました」(30代・男性)

口座開設で2,000円プレゼント!

【DMM Bitcoin】の評判・口コミ・メリットデメリットまとめ

DMM Bitcoinは無料の手数料やレバレッジ取引ができる仮想通貨の種類の豊富さ、さらにサポートの手厚さなどで利用者から高い評価を受けています。国内でも屈指の人気取引所のひとつなので、安心感もあります。

こんな人におすすめ!

☑豊富な種類の仮想通貨の中からレバレッジ取引を行いたい
☑なるべく手数料を安くしたい
☑安心安全に取引を行いたい
☑充実したサポートを受けたい

これから仮想通貨の取引を始める方は、ぜひDMM Bitcoinの利用を検討してみましょう。

\ DMM Bitcoinの無料登録はこちら /